人としてのあり方。

人としてのあり方をまじめに考えた。

連絡をうけたらキチンと応対する。
そこに選択の余地はないわけ。
例えば電話がかかってきた。
忙しくて返事ができなかった、それはありますよ。
今の時代、どこにいたってケータイは鳴るんだから。
でも折り返しはするでしょ。
折り返しをしないっていう判断をするのであれば、
それはその相手との関係を切ってもいいってことだと思うわけ。

なかには忘れっぽい人もいますよ、
それはパーソナリティ。
許される人と許されない人がいる。

朝あったら挨拶するでしょ。
挨拶しない人、どうかしてますよ。

何かをされたらありがとう。
お願いする時は、お願いします。
そんなところに、バーターの関係はないですよ。
アレをしてくれるから、これをする。
そんな関係イヤだなぁ。

最近はコミュニケーションツールが増えてきて、
そのへんの判断が複雑になってきているけれど
基本は一緒。

でも御免なさい、
多分実践できていない時も沢山あると思う。

そんなときは普通に指摘してくださればたすかります。
僕に悪気はないんです。

 

10月1日 

嵐の中、10月1日を迎えました。
本年残り3ヶ月。
ぶれない、おれない、妥協しない。
その3つを肝に銘じます。
そして来年の自分のあり方に決めている
「全体利益は個々の利益を超越する」という
自分の中の新しいテーマに挑戦するための準備期間に当てたいと思います。

もちろん逆の考え方があることもわかっています。
「個々の幸せの積み重ねが全体の幸せになる。」
僕はここ数年そう考えてきました。
それが間違っているとも思っていません。
一方で正しいとも思っています。

なぜなら、日本の今の有様の原因のひとつに
社会を構成する多くの人の幸福を追い求めすぎたことがあると思っています。
みんなが好き勝手に自分の利益だけを声高に叫び、
主張してきた結果が今の有様だと。


地域、会社、家族は社会の縮図です。
地域の幸福、会社の幸福、家族の幸福、
そういった多きな視点で物事を捉えたい、考えたい。

こんなことを言うのはファシストなのかもしれない。
でも、ここで自分の思考をいったんガラッと変えてみる
それこそが今できる事なんじゃないかと。
そう思っています。

数字で縛り、結果で追い込む。

営業の基本だと思っています。
数値目標=粗利益をもたない営業なんて、ただのガキの使いでしかないし、
結果責任を負わない活動なんて、幼稚園のお遊戯でしかない。

仕事をする上で明るさや楽しさはもちろん必要です。
でもね、
そこに厳しさというスパイスがないかぎりそれはタダのサークル活動。

その厳しさにどうやって向き合って、
どうやってこくふくしていくのか。
それが仕事に対する前向きな姿勢だし、
本気の取り組みだと思う。

目標を設定し、
それを達成した時の喜び、
未達成だった時の悲しみ、怒り、
そんなものを感じられる人たちこそ、
一緒に仕事をしていくことができる仲間=カンパニーなんだなと。

映画は映画館で見たいんだ ! 番外編

映画館に行く時間がとれないので録画してある映画から・・・
「三銃士/王妃の首飾りとダヴィンチの飛行船」を見ました。
この映画、映画館で見たかったのだけどタイミング合わなくて、
(多分ロードショーも短かった気がする・・・)
見損ねていた映画。
多分オーランドブルームとバッキンガム公が結びつかなくて
見に行かなかったんだろうけど、
はっきりいって、映画館で見たかった。
映画館で見なかったことを後悔しました。
派手なドンパチ、大仰な殺陣、豪華絢爛な衣装と建築。
これだけそろえば中身なんかどうでもいい。
いや、どうでもいいわけじゃないけど、
映画館で見る理由になる。

しかも、中身に関しても映画としてなりたっていた。
オーランドブルームの嫌味なバッキンガム公、
ミラジョボの妖艶なミレディ。
最高じゃないですか。
実写版カリオストロの城なら間違いなく
カリオストロ伯爵にオーランドブルーム
峯富士子にはミラジョボビッチに決まりです。
後の人選は君に任せる!!

いや、そんな脱線はいいとして、
この二人の配役と三銃士、そしてリシュリュー枢機卿の配役は最高です。
あえて言うならアラミスがもそっと病的な感じが出てたほうが良かったかなぁと。
じゃぁ誰なら良かったのよ? といわれても困るんだけどね。

一方で、ダルタニアンはダメね。もっと若くて粗くて、純真な感じがないと。

それにしても話自体は上手く2時間に収めてますよ。
ミレディの扱いなんかもアレンジ良く無理なく、原作をゆがめすぎず、良い感じ。

しかし、映画館で見なかったことを後悔させる映画でした。
次回作もありそうなので次は必ず映画館でリベンジだ。

映画は映画館で見たいんだ ! VOL.15

映画は映画館で見たいんだ

くそーー、映画館いけてない。
3週間いけてない。
ということで、その鬱憤をはらすべく、
過去見た映画でコメントをうっちゃってた映画について

8月に息子と一緒に「スーパーヒーロー大戦」を見に行ったのですよ。

まぁ別に、この映画にたいして批評をしようという気にはならないのですが
見に行ったよということです。

そして作り手の思惑にはまるコトナク、
おもちゃはかわねーよということ。

映画に行く→新しい武器が見られる→子どもは欲しくなる→親が買っちゃう。
こんなスパイラルは良くないでしょ!

ということで、今年からこのスパイラルはなし。
そして、ライダーのベルトもヒーローの変身グッズも今年からはなし。

そう決めたのです。

映画自体は・・・ごめん、お父さん映画の間中ずっと他の事考えていて、よく覚えていません。
どんな映画だったっけなぁ・・・

カエルがでてきたよなぁ・・・
カエルだよなぁ・・・


 

あ、忘れた。

昨日のブログ更新を忘れてしまった。

いいんだけどさ、ダメだよね。

ネタはあるんだよ、ネタは。

ネタはあるけど、書けない話だったりするわけで。

くそーー。くやしい。

ちくしょーーー!

ということで、

ほぼ毎日といいながら毎日書いてきたブログが

本当にほぼ毎日になってしまったという悔しさを旨に

書くことが思い浮かばずこんな展開です。

明日は映画の話書こうっと。

現状に不満なのか、現状が不満なのか。

僕自身不満は多いほうです。

現状"が"不満なことが多いです。

現状が不満なので色々と変えたいと思うし、

変えていけるようにアプローチしています。

現状に満足したらそれはそれで幸せなんでしょうけど

ボクには刺激がなさ過ぎます。

 

不平不満を言っている多くの人は

現状"に"不満なわけです。

現状に不満なので、自発的に環境を変えようとは思いません。

現状から逃げるか、誰かが現状を変えてくれるのをまっています。

 

ほんとうに、世の中どうかしてるよ。

 

ある意味利己的に、自分を中心に据えて世の中を見渡せばいいのに。

遺伝子の赴くままにさ。

 

自分も変る、でも自分の立ち位置は変えない。

 

自分が現状から逃げだしたって解決しないじゃん。

 

世の中に、現実に不満のあるひと、

現状に不満を抱くのではなく、

現状が不満という状態に意識をかえましょう。

 

 

思い続ける。

前にも同じようなことを書いた気がしますが・・・。

最近も同じようなことを感じたので。

物事に行き詰ったり、

大きな困難にぶつかったとき、

その困難から逃げるのではなく、

目をそらすのではなく、

真摯に向き合い、

真剣に立ち向かうことが大切なんですよね。

 

真摯に向き合うこと、

立ち向かうこと

それはつまり、

その困難を解決をするため、

壁をのりこえるために、

真剣に考えること。

それこそ、24時間その課題について考える。

そうすることで、

感度があがり、

普段は見逃すような、

困難を乗り越えられるヒントを探せるようになるはず。

 

そうやって課題を克服しようとしている人。

僕はそんな人間になりたい。

 

 

大人げ無いこと書きます。

腹は立っていないけどあきれちゃいました。

色々と希望を聞いて、

対応してきたにも関わらず一回やるといったことを、

勝手な都合でキャンセルしてくる。

いったいどういう教育を受けてるんでしょうね。

親の顔が見たいです。

途中からおかしな感じはしてたんですよ。

こっちを格下とみているような慇懃な口調。

この業界のことを全くわかっていない様子。

A4とB4の違いすら理解していない知識。

折込?ポスティング? どっちだよ、お前がやりたいのは。

もうね、馬鹿かと。

もし、ご本人がこのブログを読んだらすぐにわかるでしょうね。

もう、その担当者とは仕事しないと決めたからいいんですけどね。

お前とは金輪際仕事しねーよ。

腹はたってないよ。

怒ってもいない。

ただね、お前みたいな人を使わざるを得ない会社がかわいそう。

もっと段取り良くすすめていれば、

安く、良いPRができたのにね。

あーーすっきりした。

別に怒ってねーから。

オレを怒らせたらたいしたもんですよ。

怒ってからだろーなー。

 

夏風邪注意!

夏風邪一歩手前。

まさにそんな感じのここ二日間。

のどがいがらっぽく、声が出にくい状態でなんとか踏みとどまってます。

この線を超えると、

身体がだるくなって、

熱にうなされてということになるでしょうね。

ええ、たぶん今週末の3連休でやられちゃうんでしょうね。

ええ、多分そうですよ。

3連休とか、夏休みとか、冬休みとか、まとまって休めるタイミングで

心がフッと緩むんでしょうね。

風邪引きますよね。

僕の場合、

風邪と高熱はセットなので、

おそらく39度を超えるでしょうね。

ここ4年間で39度を超えたことは多分10回くらい。

前回の高熱時には41度を越えましたからね。

イヤだなぁ。

高熱。

でも高熱でるなぁ・・・きっと。

だって、風邪と高熱はセットだもんなぁ。

 

アーカイブ

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

柏・我孫子・松戸の離婚、遺産相続などの相談は羽田行政書士事務所

広告掲載無料キャンペーン実施中。

印西市の誇る美味しいブランド米 本埜米