国民健康保険の話

| コメント(0)

会社を辞めて起業する人のほとんどが、会社を立ち上げるまでに無職の期間が生じるはず。

そんな時加入しなくてはならないのが、国民年金と国民健康保険。

ま、保険は会社員時代の保険を延長することもできますけどね、ほとんどは国保に加入するはず。

そんな時、助かるのが、国保の減免措置。

通常だとかなり高めの保険税を払わなくてはならないはずが、減免措置を申請し認められると

大幅に保険税の額が低くなる、そんな制度です。

 

ところが、大変ありがたいこの制度、ひとつ大きな問題を抱えています。

それは、申請するにあたって、雇用保険の受給資格者証が必要だということ。

この受給資格者証っていうのが厄介で、これは文字通り、受給資格がないともらえないのですよ。

普通の会社に半年以上勤務していればもらえるものなので、多くの人にはたいした問題ではないのでしょうけど

失業保険をもらっていたひとが、ようやく就職がきまったのに、

新しく入った会社が2ヶ月で倒産し、また、失業状態になった場合、

雇用保険の受給資格がないために、受給資格者証がもらえない、

そのため、減免措置がうけられない。

そういった事態に陥ってしまうわけ。

これって、本当に困窮している人を助ける制度になっていないですよね。

というお話でした。

 

こんな私が経営している会社はアイ ファームといいます

印西市から地方を元気にしていきます。 印西市の情報ポータルサイト「インザイシティドットコム」
全国の名産品を販売中。 アイファームの美味しい通販サイト

アーカイブ

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

柏・我孫子・松戸の離婚、遺産相続などの相談は羽田行政書士事務所

広告掲載無料キャンペーン実施中。

印西市の誇る美味しいブランド米 本埜米