新米と古米

| コメント(0)

そろそろ、新米がスーパーにも並び始めてきています。

アイファームでも新米を取り扱っていますが、

新米が出始めたとたんに古米の流通が終わってしまうっていうのはどうなんでしょう。

古米っていっても、数年前のお米ではなく、昨年のお米であって、

新米が流通する前は普通に売っていて、皆さん食べていたお米ですよ。

それが新米が流通し始めたとたんにお店で手に入らなくなるのはどうしてなんでしょう。

たとえ昨年のお米であっても、安く入手できるのなら買う人はいるだろうし

人によっては、この時期の新米は水分が多いから、古米のほうが美味しいという人だっています。

アイファームでも古米を取り扱いたいのですが、

この時期、農家さんの倉庫には古米は残ってないんです。

新米用にスペースを確保するため、収穫前に、みんな農協や米屋さんに売っちゃうんですって。

農協や大きな米屋さんなら保存用の冷蔵庫とかもあるだろうから味だってそうそう落ちないだろうけど

普通の家で常温保存していたらお米の鮮度はすぐに落ちちゃうからなぁ。

古米を上手に流通させるしくみを考えれば面白いだろうなぁ、とふと思ったわけです。

古米専門店とかね。

会社が儲かったら冷蔵倉庫買って、手を出してみたいですね。

だれか5000万くらい援助してくれたらすぐにでも仕組みをつくれるのにね。

 

こんな私が経営している会社はアイ ファームといいます

印西市から地方を元気にしていきます。 印西市の情報ポータルサイト「インザイシティドットコム」
全国の名産品を販売中。 アイファームの美味しい通販サイト

アーカイブ

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

柏・我孫子・松戸の離婚、遺産相続などの相談は羽田行政書士事務所

広告掲載無料キャンペーン実施中。

印西市の誇る美味しいブランド米 本埜米