熱意のある生産農家のためにも・・・

| コメント(0)

ITコンサルだとか、印西市の情報ポータルの広告募集だとかにうつつを抜かしているように見えるかもしれませんが

実はしっかりと農家さんと話をしたり、新しい商品の販売の交渉をしたりと、宅配関係のほうでも動いています。

その成果といっては何ですが、旧本埜村のブランド米「本埜米」の販売を始めました。

しかもその販売価格は、生産者のご協力とアイファームが鼻血もでないくらいがんばったおかげで

ブランド価値を守るために設定されている価格で販売しています。

これ、 ご自宅までお届けするっていうことを考えれば、破格値なんですよ。

ま、値段のことは別にいいんですけど、僕はこの本埜米」を多くの人に食べてもらいたい!

まず、美味しい!

とにかく美味しい!

炊き立てはピカピカしていてまるで宝石みたいだし、クチにいれたらモチモチしてて、

「あれ?今夜のお米にもち米混ぜた?」という感じです。

ミルキークイーンも同じような食感なんですけど、ミルキーよりもコクがあるという雰囲気でしょうか。

こんなに美味しいお米が近くで生産されているにも関わらず、

魚沼産だとか、なんだとか、そんなこと言ってる場合じゃないっすよ。本当に美味しいんだから。

美味しさは全国の米専門家、米穀店、JAなどにも評価されていて

「日本一おいしい米の秘密」という本が選んだ5銘柄に選ばれているくらい。

 

そんな美味しいお米を作っている「本埜ブランド米研究会」にお伺いして商談をさせていただいたんですけれど

これがびっくり、幹部の皆様がまだ若い!あんなに若い農家の人に出会ったのは印西市では初めて。

そして研究熱心!僕がしゃべることを皆さんしっかりとメモにとってらっしゃった。

いやぁ本当に頭が下がります。そして、ボクはずっと一緒になにかをし続けたいと思いました。

こういう若い作り手がもっと、もっと印西に増えてくればいいのにって思いました。

味のレベルからいうと、実は「本埜米」ってもっと高くても良いと思う。

 

それを現在の金額に抑えているのは

美味しいお米を作って多くの人に食べてもらいたいって心の底から思っているからなんですよね。

だから普通の人にも手が出せる範囲の価格設定で販売しているんです。

そういった作り手の想いをなんとか形にして、皆さんがハッピーになることができればいいなぁと

改めて思った最近の日々でした。

 

こんな私が経営している会社はアイ ファームといいます

印西市から地方を元気にしていきます。 印西市の情報ポータルサイト「インザイシティドットコム」
全国の名産品を販売中。 アイファームの美味しい通販サイト

アーカイブ

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

柏・我孫子・松戸の離婚、遺産相続などの相談は羽田行政書士事務所

広告掲載無料キャンペーン実施中。

印西市の誇る美味しいブランド米 本埜米