創業の気持ちをいつまでも

| コメント(0)

創業してひと月とちょっとがたちました。

まだまだ軌道に乗るどころか、ほぼアイドリング状態ですが、

それなりにご注文をいただけるようになり、

一度ご注文いただいたお客様からはリピートで注文いただけるようになってきました。

新規で4回という定期注文をしてくださるかたもいれば

毎週のようにお米やお野菜を注文してくださるかたもいます。

新規のお客様は大変ありがたいですが、やっぱりうれしいのはリピーターのお客様です。

リピートしてくださるということは、前回のお届けにある程度ご満足をいただいたからだと思いますし、

野菜やお米の品質と価格設定にご納得感をもっていただいたからだと思います。

ほんとうにありがとうございます。

 

そんななか、本日、あるお客様からお叱り、というか、お話をいただきました。

お客様は私が直接お届けできるエリアにお住まいではないので、宅配便を利用してお届けしているお客様です。

どんな内容かと言いますと、

お届けしたほうれん草に虫が2匹ついていて、ほうれん草が食べられていた、というものでした。

 

お客様は笑って

「無農薬だから虫も付くし、虫が付くくらい安全ということだから気にしなくてもいいわよ。」

こうおっしゃってくださいました。

 

でも、ボクはこれは一旦気を引き締めろ! という忠告だと思いました。

 

確かに『虫が付くくらい安全な野菜』、そういう見方もできるかもしれません。

しかし、そんな目立つような虫をなぜ取り除かなかったんだろう。

なぜ、生産者に虫はできるだけ取り除いて袋にいれてください、とお願いしなかったのだろう。

なぜ、梱包する際に注意しなかったんだろう。 

反省することだらけです。

 

創業したてのとき、

初めての注文をいただいたとき、その野菜をお届けするとき、

新規の注文を次につなげたいと思い、細心の注意を払って野菜を梱包し、お届けにあがりました。

100%ではないにせよ、注意することで虫を取り除くことはできたはず。

生産者の方にもお願いし、できる限りのことはしてきたつもりでした。

でも、創業たった一月で"つもり"になってしまっていたんです。

 

『お客様に喜んでいただくことが全てにおいて優先する』

その創業時の精神を、その気持ちをどこかに忘れていないか? 置いてきていないか?

そう問われたような気がしました。

 

 

こんな私が経営している会社はアイ ファームといいます

印西市から地方を元気にしていきます。 印西市の情報ポータルサイト「インザイシティドットコム」
全国の名産品を販売中。 アイファームの美味しい通販サイト

アーカイブ

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

柏・我孫子・松戸の離婚、遺産相続などの相談は羽田行政書士事務所

広告掲載無料キャンペーン実施中。

印西市の誇る美味しいブランド米 本埜米