何で印西で創業したのか。

| コメント(0)

会社を創業した理由のひとつに「印西を良くしたい」、という想いがありました。

印西市で生まれ育ったわけでもないし、

暮らしていく中で別に印西市に大きな不満があるわけでもなかった。

でも、なんとなく印西市って良い街なんだけど、元気が無い街だなって思っていた。

商店も、人も、街も、なんとなく元気が無いなぁって感じていた。

でもただ感じていただけで、特にアクションを起こそうという気にもならなかったし、

起こさなきゃいけないとも思っていなかった。

そんなとき、あるきっかけでマンションを購入し、

よほどのことが無い限り、印西に死ぬまで住むんだと改めて認識した。

そんなとき、印西という街はとってもいい街なんだけど、

10年後、20年後、本当に大丈夫? そう思うようになってきた。

 

最初のころは、

自分にできることはたいしたことはないけれど、

一生懸命働いて、税金を市に納めて、買い物を市でするこで、少しでも市の発展に役立てればいい。

そんな考えだった。

だから、色々と印西のお店を調べて買い物にいったり、食事にいったりとしてきたつもりだ。

 

でも、色々なところに行く度に本当に大丈夫??? ますます強く思うようになってきた。

子供をつれて印西市内を色々まわる度にその想いは強くなってきた。

 

木下地区のシャッターが下りた店の多さとか、滝野プラザとか、

ショッピングモールの空きテナントとか、無駄な造成地とか、なかなか進まない工事とか・・・

そんな状況をみていると

少しでも印西を良くしたいんだったら、何か自分で行動を起こさなきゃ駄目だ!

そう想うようになってきた。

 

だからといって僕ができることには限りがある。

正直、ちょっとだけ、市政に関わることで少しでも印西を良くできないか?って考えたこともありました。

でもね、

極端な話で印西市長にいきなりなれたとしても、市の状況を本当に理解していない僕に何ができるのか?

市議会議員になったところで、市民の声の代弁者として何ができるのか?

何もできないんですよね。だって、ボクは市民になってまだたったの2年だし。

ずっと東京で働いてきて、印西に関わることなんてほとんどなかったんですから。

だから、市政に関わるような立場になってもボクは何もできないんです。

 

じゃぁどうする?

印西に関わる仕事をして、

印西のことをもっとよく知っていくしかないんじゃないかってね。

しかも、その仕事が印西の活性化につながるような内容だったら最高じゃん!ってね。

印西の野菜印西の米を売れば、地産地消につながるし、印西市の農家のお役にもたてるじゃない。

印西のことを知るようになれば、

市議会で議論されていることについて正しい、正しくないの判断だってできるようになるし

予算の執行についても色々と考え、判断できるようになる。

そうすることで、自分たちの納めている税金がどう使われて、その結果どう市がよくなったのかが分かるようになる。

 

今まで、国政にはある程度の興味をもってニュースや新聞をみてきたけれど

市政なんて全く興味もなかったし、関心もなかった。

でも、自分たちの生活に密に関わってくるのは

国の政策ではないんですよね、市の政策だってことにようやく気がついたわけです。

 

まだまだ仕事をはじめたばかりで、よく分からないことだらけですけど

色々と見えてきたら、それこそ陳情やら意見書やらをだして行きたいと思っています。

 

 

 

こんな私が経営している会社はアイ ファームといいます

印西市から地方を元気にしていきます。 印西市の情報ポータルサイト「インザイシティドットコム」
全国の名産品を販売中。 アイファームの美味しい通販サイト

アーカイブ

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

柏・我孫子・松戸の離婚、遺産相続などの相談は羽田行政書士事務所

広告掲載無料キャンペーン実施中。

印西市の誇る美味しいブランド米 本埜米