2010年11月アーカイブ

なぜアイファームの野菜は日持ちするのか?

| コメント(0)

昨日は久しぶりにパソコンを一度も立ち上げませんでした。

ええ、その代わりGalaxy Tabは何回も立ち上げましたけれどね。

いやぁ本当に便利なモノを買いました。

 

さて、これから数回にわたって、

アイファームにお問い合わせいただくご質問にこの場で回答していこうと思います。

 

Q:一週間も経てば、野菜は傷んでしまうんじゃないの?

 

A:アイファームのお野菜はほとんど傷むことがありません。

アイファームがお届けしているお野菜は鮮度はもちろん、日持ちもいいんです。

皆さんがスーパーや大手宅配業者で購入されるお野菜の多くは、

収穫されてから、お手元に届くまでに3日~4日以上はかかっています。

これは流通の関係で仕方がないこと。

そのため皆様のお手元に届くころに食べごろになるよう、未熟なモノを出荷したり

必要以上に湿度が高く、冷たい冷蔵庫で保管・輸送したり、店頭に並べたりしています。

 

未熟な状態で出荷されたお野菜は、熟すために必要なエネルギーを、

太陽や地面から得るのではなく、自分の体内に蓄えた栄養分を使って成長せざるを得ません。

必要以上に湿度や温度が管理された状態の野菜には必要以上のストレスがかかります。

そんな環境にある野菜はお手元に届いた時にはすでにヘトヘトの状態なのです。

 

しかし、アイファームがお届けしている野菜はお届けする日の朝まで育っていた 完全に熟したお野菜です。

ということは、熟すために余分なエネルギーを使う必要もありませんし、

無理なストレスにさらされることもありません。

しかも流通のために余計な日数がかかることもないのです。

 

アイファームのお野菜をご注文いただいている方の多くは

一回でお届けするお野菜を使い切るタイミング(週に一回とか10日に一回といった感じ)で定期的にご注文くださっていますが

次回のお届けまで美味しくお野菜を食べていただいています。

 

データ復旧だってやっちゃいます。

| コメント(0)

今日は勤労感謝の日。

今までは、働いている人たちに感謝するものだと思っていましたが、

今年の勤労感謝の日はちょっと受け取り方が違っています。

働ける環境に感謝する日だ、と思っています。

 

さて、先日、我が妻のデスクトップパソコン(=業務用バックアップパソコン)のHDが

何の前触れもなく壊れてしまいました。

壊れたといっても

OSの起動データが格納されている部分と、

一部のデータが格納されている部分になんらかのエラーが生じているようで

パソコンが立ち上がらない、データを取り出せない、という状況に陥ってしまいました。

 

普通なら、個人用のパソコンだし、

そんなにたいしたデータも入っていないので、

そのまま破棄してしまうのですが、

今回はそうもいってられない状況でした。

 

家族の写真のデジタルデータも一緒に読み取れなくなってしまったんですね。

しかも1年分。

昨年の11月からの写真がごそっとそのパソコンに入っていたんです。

さらに間の悪いことに、

一年間プリントしていなかったので、

紙焼きとしても写真が残っていない。

しかも、息子の入園式や運動会、夏祭りなどの大事な写真がごっそりと。

 

ええ、そりゃね

ウチのカミさんは怒りましたよ。

なんでパソコンが壊れたんだ(しりませんんがな)、

なんで印刷してないんだ(そりゃあんたもじゃんか)ってね。

 

で、私の今までの経験、知識をフル稼働させてなんとか復旧させましたよ。

復旧というか、サルベージですね。

 

HDは物理的に壊れていたので、HD自体を修理することは不可能。

ただ、壊れていない箇所のデータを読み取ることはできそうだったので

HDをもう一台のPCにつないで、ごちゃごちゃとしてみました。

 

その結果・・・

 

なんとか、写真のデータと住所録、ID・PASSの資料など

色々と大切なものを引っ張り出すことができ、

奥方の機嫌もなおりました。

 

もちろん、サルベージできた写真をすぐに印刷したことは言うまでもありません。

その枚数464枚。

 

またお金が飛んでいきました。

 

ということで、

「パソコンが壊れてデータがとりだせなーい」

という方がいりゃっしゃいましたら

是非ご相談ください。

 

 

子供達との時間

| コメント(0)

創業してから、ほぼ三食を家で食べるようになりました。

朝、昼、晩と、4歳の息子と2歳の娘と一緒に食事をしていることになります。

会社員をだったころには、週末を除いて、三食一人で食べていましたから

これは大きな違いです。

子供達の好きなモノ、食べ方、食事中の笑顔、しぐさ

どれもこれも、お父さんにとっては珍しいものです。

 

振り返ってみると、

息子が2歳くらいのとき、どんな風に食事とをして

どんな風に食後を過ごしていたのか、

記憶がほとんどありません。

 

でも、今は、

夜の配達がない限り、お風呂も一緒に入っているし

夜の寝かしつけの絵本もなるべく読んであげています。

 

週末しか一緒にいられなかったころに比べて

格段に子供達との距離が近くなった、そんな気がします。

 

創業してよかった。

 

 

「人生色々、会社も色々」(c)小泉

| コメント(0)

一週間ぶりのブログです。

ちょっと、バタバタしていたのと、書きたくても書けない時期だったので・・・

というのは言い訳です。スミマセン。

 

まずは近況報告!

とうもろこしの販売を始めました!

「え、こんな季節にとうもろこし? 甘くないんでしょ?」

チッチッチ!ビニールハウスで厳格に温度管理されて丁寧に栽培された

冬のとうもろこしは甘さが夏のものを越えています。

糖度18度以上でフルーツのように甘いとうもろこしをお届けしています。

とうもろこしの販売はこちらです。

 

さて、書きたくても書けなかった・・・・というのは

ちょうど、先週末から昨日まで、新規創業融資の山場だったんですね。

担当者がサイトをチェックして、上役に稟議を上げたタイミングでした。

とうぜん、上役もサイトを見る可能性があると思ったので、

変なこと書かないよう自粛してました。

クラリスとかシーターとかセイラさんとか・・・

 

で、昨日、無事に創業融資がおりました。

希望額の半分くらいですけど、政策金融公庫から融資していただけることになりました。

もちろん満額融資にこしたことはないんだけど、

公庫が半分でも大丈夫!と判断したんだと思えば、前向きに捉えることができるかな。

申し込みをしてから、ちょうどひと月、もやもやした気分がこれで吹き飛びました。

よかった、よかった。

 

これで、色々書けるようになりました。

先週11/5に折込を撒いたけどまったく反響がなかったこととか、

今月は新規の注文がすごく少ないこととか、

新しいチラシ25,000部刷ったこととか、

バックアップ用のノートパソコン購入したこととか、

昼に寿司を食べたこととか、

昨日の夕食が刺身だったこととかね。

 

書いてて悲しくなってきた。

 

しかし、折込の反響がないですね。びっくりする。

これだけ反響がなくてもいいもんだんだろうか・・・?

どなたか、折込広告で販促を行っている方、お話聞かせてください!

アイファームだけが反響がないのか?

それとも、野菜やコメの宅配サービスと新聞折込広告の相性が悪いのか?

そもそも、広告のデザインが悪いのか?
↑この可能性が高いです

 

新規のお客さんも思った以上に増えてこないですね。

リピートのお客様は定期的に注文してくださるのですが

これに新規を加えていかないとなぁ・・・。

 

という予断を許さない状況ではありますが、うれしいこともありました。

Twitterのフォロワーの方がブログ「バタリ庵のグルメ膝栗毛」に

バナーを張ってくださったばかりか記事で取り上げてくださいました。

本当にありがとうございます!

 

こういうことがあるから地域密着の仕事はやめられない!

 

効率ばかり求めないこと!

| コメント(0)

はい、自分に言いきかせてます。

効率ばかり求めると、そこには人間性が欠如し始める。

機会化とか、ライン化とかね。

人間性を無視したやりかたでしょ。

誰でも同じことができるように作業をマニュアル化することも

人をロボットのように考えてのこと。

 

もちろん、プラスの面がたくさんあるし、大きな企業になれば効率化を重視することはとても必要なこと。

 

でも、機械の体になるのは人の温かみや柔軟性をなくすということ。

星野鉄郎はそのことをメーテルとの長い旅でしったんだね。

 

だいたい、女王の娘が出張って連れてきた男の子がネジってことはないだろ。

もっと重要なパーツにしてやれよ。

そうじゃなきゃメーテルだってやりきれないだろ。

だから、プロメシュームを裏切ったんだろうな。

鉄郎がICチップとかになるんだったら、彼女も満足して裏切りとか考えなかったと思う。

 

あれ、何だっけ、、、、

そうそう、効率ばかり追い求めちゃだめだよってことだ。

 

数年前、ト▲タ自動車の採用サイトの制作プロデューサをしていたとき

ト▲タ自動車の工場見学にいったんですね。

まだリーマンショック前で目指せ世界販売1000万台って言っていた時です。

その工場で見たことがボクはとてもショックでした。

働いている人が機械のようだったんです。

ずーっと同じことの繰り返し、繰り返し。

効率を考えれば、同じ人が同じことを繰り返すほうが、習熟度も上がり、ミスも減るんでしょうけど

そこには自動車を作っているという喜びや感動が何もない。

「オレがプリウスつくってるんだ!」という喜びや誇りがないように見えたんです。

 

これは極端な例かもしれないけれど

ボクは自分が印西農業の発展の役に立っている、

美味しい野菜やお米を消費者に責任を持って届けている、

そういった誇りや喜びをもって仕事に取り組んでいるつもり。

だから、あまり効率を求めてはいけないよ、、、という戒め。

たとえ、野菜の収穫を忘れていた農家の軒先で20分ほどお茶を飲むことになってもね。

 

ちょっと、忙しくなってきたときに効率化のことばかり考えていたので反省です。

 

継続は力になるのか???

| コメント(0)

懲りもせず新聞に折り込み広告をいれます。

11月5日金曜日に印西・小室・白井のニュータウン地区を中心に折り込まれます。

前回の折込ははっきり言ってほとんど効果がありませんでした。

直接の注文には結びついていないと思います。

問い合わせは数件ありましたけどね。

今度はもっと細かくエリアを絞っての折込です。

果たして効果のほどは?

 

ま~正直そんなに効果はでないでしょうね。

ただこういうプロモーションは繰り返すことに意義があると思っています。

継続は力・・・というわけです。

 

もし、僕が雇われ社員で、宣伝担当だったとしたら

即効性のないプロモーションはなかなか打てませんけどね。

社長に怒られちゃうから。

 

でも、今は大丈夫。結果責任は全部自分に帰ってくるんですから。

自分の信じるやり方を信念を持って実行するだけです。

 

アーカイブ

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

柏・我孫子・松戸の離婚、遺産相続などの相談は羽田行政書士事務所

広告掲載無料キャンペーン実施中。

印西市の誇る美味しいブランド米 本埜米